2021年度暗号分科会
第1回

@hakatashi

2021-04-29

hakatashi

  • TSG歴8年
  • CTFが好き
    • TSG CTF
    • SECCON
    • GoogleCTF
  • 主にCryptoとWeb担当

この分科会について

  • 暗号に強くなりたい!

  • 新入生とかにもっとCTFとかに興味を持って
    参加してもらいたい!

  • 暗号理論の入門書『クラウドを支えるこれからの暗号技術』を輪読します

進め方

  • 毎週担当者と担当する章を決めて前から順番に読んでいきます

    • 担当者以外の参加者も、該当する章をざっと読んできてください

  • 毎週木曜19時にDiscordに集合し、担当者による解説を行ったあと、内容についてディスカッションを行います

    • 関連するCTFの問題を実際に解くWorkshop形式にしてもいいかも?​

  • 担当者は発表するのに必要なら資料を作成してきてください (スライドでもGistでもScrapboxでも可)

いくつかの用語の定義

  • 暗号文 (ciphertext)
  • 平文 (plaintext)
  • 暗号化 (encrypt)
  • 復号化 (decrypt)
  • 秘密鍵 (private key)
    • 公開鍵 (public key)
      (あとの章で触れます)

シフト暗号

  • 古典暗号の一種
  • ジュリウス・カエサルが用いたとされるため
    カエサル暗号(シーザー暗号)と呼ばれる
  • 最も有名なものは3つずらすものだが、
    3つに限らない
  • 13文字ずらしたものはROT13と呼ばれる
    • 暗号化と復号化が同じ処理で済む

AES暗号

  • Advanced Encryption Standard
  • 現在最も広く使われている
    ブロック暗号の一種
  • 入力を16バイトごとに処理し暗号化する

AES暗号

  • https://qiita.com/tobira-code/items/152befa86bd515f67241 とかを読むと実装について詳しく書かれてます
    • まあ、AESの中身まで見る必要があるのかは
      かなり高度なCTFの問題か研究目的だと思うので
      ​あまり必要ないかも⋯⋯
  • ECBモードの弱点はブロック長が16バイトしかない、
    かつ決定的であること