オトナのVue.js

Progressiveってなあに

20180404 オトナのプログラミング勉強会

新垣圭祐

アプリケーション開発の複雑さ

  • フレームワークは複雑さへ対処するために利用する
  • でもフレームワーク自体の複雑さがある

Application Complexity

Framework

Complexity

  • 道具が簡素すぎて非効率

Application Complexity

Framework

Complexity

>

  • ツールが複雑すぎてオーバースペック

Application Complexity

Framework

Complexity

<

適切なツール(フレームワーク)

の選択は難しい

  • 仕事を始める前にツールを選択しなければならない
  • プロジェクトの複雑さは変化していく→

スケーラビリティ

  • アプリケーションの成長、肥大化する
  • メインプロジェクトから分離した小プロジェクトへのスピンオフ

Javascript Fremawork

Vue.js

The Progressive Framework

  • Progressive : 進歩的、進行性
  • アプリケーションはProgressiveな要求をもつ
  • それならツール(フレームワーク)もProgressiveであるべき

Vue.jsとは

  • ユーザーインターフェイスを構築するためのフレームワーク
  • フレームワークの複雑さを利用者がアプリケーションの実現したい課題の難易度に合わせて選択・調整できるように設計されている
  • →少しずつ適用していけるように設計

Day1

宣言的レンダリング

Declarative Rendering

  • DOMを操作しようとすると全体が評価される→重い・混乱の素
  • 状態(state)とDOMの同期をとるのは面倒・エラーを生みやすい

宣言的レンダリング

Declarative Rendering

  • JS上の変数(状態)とView(HTML)とを1:1で紐付ける
<html>
   <head>
      <script src="https://unpkg.com/vue"></script>
   </head>
   <body>
      <div id="app">
         <p>{{ message }}</p>
      </div>
      <script>
         new Vue({
         el: '#app',
           data: {
             message: 'Hello Vue.js!'
           }
         })
      </script>
   </body>
</html>

イベントハンドリング

  • DOMのイベントを購読
  • イベント発火時の JavaScript の実行
<html>
   <head>
      <script src="https://unpkg.com/vue"></script>
   </head>
   <body>
      <div id="app">
         <button v-on:click="greet">Greet</button>
      </div>
      <script>
         new Vue({
         el: '#app',
           methods: {
             greet: function (event) {
               alert(event.target.tagName)
             }
           }
         })
      </script>
   </body>
</html>

jQueryを置き換えよう!

Day2

Component

  • 「小さく、自己完結的で、再利用可能なコンポーネント」を組み合わせる
<html>
   <head>
      <script src="https://unpkg.com/vue"></script>
   </head>
   <body>
      <div id="app">
         <ol>
            <todo-item v-for="item in groceryList" v-bind:todo="item"></todo-item>
         </ol>
      </div>
      <script>
        Vue.component('todo-item', {
          props: ['todo'],
          template: '<li>{{ todo.text }}</li>'
         })
         
         new Vue({
         el: '#app',
           data: {
             groceryList: [
               { id: 0, text: 'Vegetables' },
               { id: 1, text: 'Cheese' },
               { id: 2, text: 'Whatever else humans are supposed to eat' }
             ]
           }
         })
      </script>
   </body>
</html>

コードを再利用しよう!

Day3

単一ファイルコンポーネント

Single File Component

  • HTML/CSS/JSを全て1つのファイルで記述して単一ファイルで管理
  • Scoped CSS(スコープ付き CSS)
  • 要webpack(vue-cli)ビルド

Vue.js

  • Vue.jsはjQueryの次のステップとしておすすめ
  • 小さく始めて大規模開発にも適用可能な柔軟性
  • コンポーネントで分割すれば分業もしやすい

参考

Day4 Laravel + Vue

Day5 Nuxt.jsをやりたい

オトナのVue.js

By Keisuke Shingaki

オトナのVue.js

  • 547
Loading comments...

More from Keisuke Shingaki