Live2D WebGL SDK入門

本日のレジュメ

  • Live2D WebGLの活用事例

  • Live2D SDKのワークフロー

  • Live2D WebGL SDKの解説(ハンズオン)

 

  1. Live2Dモデル差し替え

  2. パラメーター操作

  3. プログラム処理の流れ

  4. Live2Dモデルの位置・サイズ指定

  5. モーション再生

  6. Live2D APIについて

  7. マウスドラッグ操作

WebGL SDKの活用事例

デモサイトは動くカードイラストになっています。

スマホ対応もされてるため、スマホを傾けると背景も動きますっ!

WebGL SDKの活用事例

Live2D社のアプリサイトです。Canvas1枚に6体表示しています。

スペックが低いスマホの場合、1体消えたりするので5体ぐらいがベスト

SDKサンプルのSampleApp1をベースにカスタム

WebGL SDKの活用事例

ティラノスクリプトには、Live2Dプラグインあります(JavaScript)

タグ形式でシナリオを書くことで簡単にADVゲームが作れます。

・Live2Dモデル表示
[live2d_show name="haru"]

・Live2Dモーション再生
[live2d_motion name="haru" file="haru_m_02.mtn"]

WebGL SDKの活用事例

UnityやCocos2d-xに比べるとWebでの

Live2D活用事例はまだまだ少ないです。

 

ぜひ活用して頂けたらと思います!

Live2D WebGLのワークフロー

※ Live2D WebGL SDKはver2.1は未対応(近日対応予定)

  クリッピングマスク機能を使ったモデルは未対応です

Live2D WebGL SDKの解説

まずはLive2D WebGL SDKをDLしてきて下さい。

Webサーバーを起動し、サンプルを実行します。

(Webサーバーはお好みので構いません)

Macの場合はターミナルから簡易Webサーバー起動できます

# Live2D SDKのフォルダに移動
cd "DL先のパス"

# ターミナルでWebサーバ起動する
python -m SimpleHTTPServer

# ブラウザで以下にアクセスし、サンプル実行
http://localhost:8000

Simpleは一番簡単なサンプル、SimpleMultiCanvasは複数Canvasのサンプルです。

SampleApp1は全機能入りサンプルです(モーション再生、物理演算、タッチ判定、ドラッグ処理など)

今回ハンズオンで使うサンプルコードはgithubに置いてあります

Live2D WebGL SDKの解説

Simpleの解説

せっかくなので、Live2Dモデルを差し替えてみます。

assets配下に任意のモデルファイルをおいて、ソースを修正します。

    /*
     * Live2D モデル設定。
     */
    this.modelDef = {
        
        "type":"Live2D Model Setting",
        "name":"haru",
        "model":"assets/haru/haru.moc",
        "textures":[
            "assets/haru/haru.1024/texture_00.png",
            "assets/haru/haru.1024/texture_01.png",
            "assets/haru/haru.1024/texture_02.png"
        ]
    };

src/Simple.jsの43行目

あたりのモデル設定

パスを任意に修正

Live2D WebGL SDKの解説

パラメーターを動かすサンプル(PARAM_Y、PARAM_Y)

<!-- HTML側にスライダーを追加 -->
PARAM_X<input type="range" id="L2D_X" value="0.0" min="-30.0" max="30.0" step="1.0">
PARAM_Y<input type="range" id="L2D_Y" value="0.0" min="-30.0" max="30.0" step="1.0">
// グローバル変数として、スライダーを取得
var L2D_X = document.getElementById("L2D_X");
var L2D_Y = document.getElementById("L2D_Y");
//***** Simple.draw()の中にパラメータ操作を追加 *****//
live2DModel.setParamFloat("PARAM_ANGLE_X", L2D_X.value);    // ADD
live2DModel.setParamFloat("PARAM_ANGLE_Y", L2D_Y.value);    // ADD

// Live2Dモデルを更新して描画
live2DModel.update(); // 現在のパラメータに合わせて頂点等を計算
live2DModel.draw();	// 描画

simple.html

Simple.js

以下を追加すれば自動で動く

L2D_X.value = 30 * Math.cos(t/cycle);

L2D_Y.value = 30 * Math.sin(t/cycle);

Live2D WebGL SDKの解説

パラメーターを動かすサンプル(PARAM_Y、PARAM_Y)

Cubism Modelerで設定したパラメータIDをプログラムから

setParamFloat()やgetParamFloat()で制御する事ができます。

Live2D Viewerでもマウスをhoverさせると

PARAM_IDが表示されます

Live2D WebGL SDKの解説

Live2D SDKの基本的な流れ

  • モデルファイル(.moc)のロード
  • Textureファイルのロード
  • Live2Dパラメータ更新 → ループ処理
  • Live2D描画 → ループ処理

詳しくは、ソースを見ながら解説します。

行列部分やサイズ・位置指定は以下を参照してみて下さい。

これでLive2Dモデルの位置やサイズも指定できます

Live2D WebGL SDKの解説

パラメーターと位置・サイズを動かすサンプル結果

パラメータ操作用のスライダー操作で

顔の回転してます。

位置やサイズも移動できます

Live2D WebGL SDKの解説

モーション再生するサンプル(青字部分が追加)

  • モデルファイル(.moc)のロード
  • Textureファイルのロード
  • モーションファイル(.mtn)のロード
  • モーション再生
  • Live2Dパラメータ更新 → ループ処理
  • Live2D描画 → ループ処理
# Live2D Animator Motion Data
$fps=30
PARAM_ANGLE_X=0

PARAM_ANGLE_Y=0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,1.31,4.14,7.68,11.34,-4.1,0.57,3.8,5,4.67

PARAM_ANGLE_Z=0

PARAM_EYE_L_OPEN=1

モーションファイルは、エディタで見れます。カンマ区切りで実行されていきます

<!-- HTML側にLive2DFramework.jsを追加 -->
<!-- Live2D Library -->
<script src="../../lib/live2d.min.js"></script>
<script src="../../framework/Live2DFramework.js"></script>
<!-- User's Script -->
<script src="src/Simple.js"></script>

simple.html

Live2D WebGL SDKの解説

モーション再生するサンプル

// グローバル変数として、モーションとモーションマネージャーを追加
var motion = null;
var motionMgr = null;

Simple.js

// モデル定義にモーション追加
this.modelDef = {        
    "type":"Live2D Model Setting",
    "name":"haru",
    "model":"assets/haru/haru.moc",
    "textures":[
        "assets/haru/haru.1024/texture_00.png",
        "assets/haru/haru.1024/texture_01.png",
        "assets/haru/haru.1024/texture_02.png"
    ],
    "motions":"assets/haru/motion/idle_01.mtn"
};

Live2DFramework.jsには、モーションや

物理演算、座標指定などを簡単に使うクラス群が入っています

Live2D WebGL SDKの解説

モーション再生するサンプル

/* Simple.initLoop()のテクスチャロード後に追加 */
// モーションのロード
Simple.loadBytes(modelDef.motions, function(buf){
    motion = new Live2DMotion.loadMotion(buf);
});
// モーションマネージャーを生成
motionMgr = new L2DMotionManager();

Simple.js

/* Simple.draw()に追加 */
// モーション再生が終了した場合
if(motionMgr.isFinished()){
	// モーション再生
    motionMgr.startMotion(motion);
}
// モーションパラメーター更新
motionMgr.updateParam(live2DModel);

// Live2Dモデルを更新して描画
live2DModel.update(); // 現在のパラメータに合わせて頂点等を計算
live2DModel.draw();	// 描画

Live2D WebGL SDKの解説

モーション再生については、以下も参考にしてみて下さい。

二次元イラストがぬるぬる動く! Live2DでWebGLアドベンチャーゲームを作ろう

 → モーション再生と音声再生するチュートリアル

Live2DのWebGL版は今週公開

 → 1モーションを簡単に再生するチュートリアル

Live2D WebGL版のモーション切替する

 → 複数モーション切り替えするサンプル

WebGL版のLive2Dモーション遅延回避

 → 尺が長いモーションは事前ロード、尺が短いモーションは即時ロードがオススメ

結構大事です!

Live2D WebGL SDKの解説

C++のリファレンスですが、WebGLも共通のファンクションがあります

Live2D WebGL SDKの解説

マウスドラッグした方を向くサンプル

マウスドラッグに関しては、ドラッグする座標を取得し、パラメーターを更新しています。

// ドラッグ用パラメータの更新
dragMgr.update();
dragX = dragMgr.getX();
dragY = dragMgr.getY();

// ドラッグによる顔の向きの調整(-30から30の値を加える)
live2DModel.setParamFloat("PARAM_ANGLE_X", dragX * 30);
live2DModel.setParamFloat("PARAM_ANGLE_Y", dragY * 30);
// ドラッグによる体の向きの調整(-10から10の値を加える)
live2DModel.setParamFloat("PARAM_BODY_ANGLE_X", dragX * 10);
// ドラッグによる目の向きの調整(-1から1の値を加える)
live2DModel.setParamFloat("PARAM_EYE_BALL_X", dragX);
live2DModel.setParamFloat("PARAM_EYE_BALL_Y", dragY);

Live2D WebGL SDKの解説

モーション再生&マウスドラッグした方を向くサンプル結果

Live2D WebGL SDKの解説

model.jsonからロードするサンプル

以下も参考にしてみて下さい。SampleApp1についても解説しています

Live2DのWebGL版をコードリーディング​

model.jsonにモデルやモーションファイル、物理演算ファイルを記述しておくと便利です。

{
    "model":"haru.moc",
    "textures":[
        "haru.1024/texture_00.png"
    ],
    "motions":{
        "null":[
            {
                "file":"motions/haru_m_07.mtn",
                "fade_in":300, "fade_out":500
            },
            {
                "file":"motions/haru_normal_02.mtn",
                "sound":"sounds/haru_normal_02.mp3"
            }
        ]
    },
    "physics":"haru.physics.json",
    "pose":"haru.pose.json"
}

fade_inとfade_outを入れると次のモーションとの繋ぎがスムーズになります

Live2D WebGL SDKの解説

model.jsonからモーション、物理演算を使うサンプル結果

Tips集

iOSでaudioタグの音声が鳴らない場合

 → iPhoneのsafariではユーザーアクションからの再生(ボタン押下時など)しか許可されない

Live2D&GLSLで炎エフェクトを作った

 → シェーダーでエフェクト表現

Live2Dを使ってレスポンシブWebサイト

 → レスポンシブサイトに組み込んだ例

Live2D WebGLとNW.jsでデスクトップマスコット

 → node-webkitを使ってアプリ化する

Q&Aタイム

Live2D WebGL SDK入門

By naotaro

Live2D WebGL SDK入門

Live2D WebGL入門講座

  • 2,945
Loading comments...

More from naotaro