Mahara 16.10のSmartEvidenceと新しい機能

Kristina Hoeppner (Catalyst) // @anitsirk // MOF 2016 // 7 September 2016

Presentation licensed under Creative Commons BY-SA 4.0+

Recording

ポートフォリオ・ソフトウエア
は複数の目的に対応する必要があります

image/svg+xml

Maharaは個人学習環境として開発されました

image/svg+xml

教育機関は評価のためによくポートフォリオを使用します

image/svg+xml
image/svg+xml
image/svg+xml

+

=

?

どうしたら二つが並存できるでしょうか

ポートフォリオの考え方によく
合った評価を用いてください

image/svg+xml

評価のためのコンピテンシー・フレームワーク

image/svg+xml

SmartEvidence

コンピテンシーの到達基準にポートフォリオを合わせ、
フィードバックをもらいます

エビデンス・マップで結果を可視化します

管理者がコンピテンシー・フレームワークを設定します

{"framework":
    {"institution":"all",
     "name":"社会人基礎力",
     "description":"「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成される「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」であり、経済産業省が2006年から提唱しています。ソース: http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/",
     "selfassess":false,
     "evidencestatuses":
      [
        {"begun":"評価が可能な状態"},
        {"incomplete":"基準未達成"},
        {"partialcomplete":"一部の基準を達成"},
        {"completed":"基準を達成"}
      ],
     "standards":
      [
        {
         "shortname":"前に踏み出す力",
         "name":"前に踏み出す力(アクション)",
         "description":"一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力",
         "priority":1,
         "standardelement":
          [
          {
           "shortname":"主体性",
           "name":"主体性",
           "description":"物事に進んで取り組む力",
           "priority":1,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"働きかけ力",
           "name":"働きかけ力",
           "description":"他人に働きかけ巻き込む力",
           "priority":2,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"実行力",
           "name":"実行力",
           "description":"目的を設定し確実に行動する力",
           "priority":3,
           "parent":false
          }
          ]
        },
        {
         "shortname":"考え抜く力",
         "name":"考え抜く力(シンキング)",
         "description":"疑問を持ち、考え抜く力",
         "priority":2,
         "standardelement":
          [
          {
           "shortname":"課題発見力",
           "name":"課題発見力",
           "description":"現状を分析し目的や課題を明らかにする力",
           "priority":1,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"計画力",
           "name":"計画力",
           "description":"課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力",
           "priority":2,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"創造力",
           "name":"創造力",
           "description":"新しい価値を生み出す力",
           "priority":3,
           "parent":false
          }
          ]
        },
        {
         "shortname":"チームで働く力",
         "name":"チームで働く力(チームワーク)",
         "description":"多様な人々とともに、目標に向けて協力する力",
         "priority":3,
         "standardelement":
          [
          {
           "shortname":"発信力",
           "name":"発信力",
           "description":"自分の意見をわかりやすく伝える力",
           "priority":1,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"傾聴力",
           "name":"傾聴力",
           "description":"相手の意見を丁寧に聴く力",
           "priority":2,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"柔軟性",
           "name":"柔軟性",
           "description":"意見の違いや立場の違いを理解する力",
           "priority":3,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"状況把握力",
           "name":"状況把握力",
           "description":"自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力",
           "priority":4,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"規律性",
           "name":"規律性",
           "description":"社会のルールや人との約束を守る力",
           "priority":5,
           "parent":false
          },
          {
           "shortname":"ストレスコントロール力",
           "name":"ストレスコントロール力",
           "description":"ストレスの発生源に対応する力",
           "priority":6,
           "parent":false
          }
          ]
      }
    ]
  }
}

Note: The format of the file changed in Mahara 16.10RC2.

管理者か学習者はどのコレクションにもSmartEvidenceを追加することができます

到達基準のページに関連づけるため、学習者はページにアノテーションをつけます

評価者が到達基準を評価しますが、誰でもフィードバックを与えることができます

初めてのインプリメンテーション
なので実験的です

image/svg+xml

v.1

この機能に関して、皆さまのフィードバックを楽しみにしています

image/svg+xml

他の新しい機能

image/svg+xml

コネクション・
マネージャー

image/svg+xml

グループの複製

image/svg+xml

CSV経由で全てのグループを更新します

image/svg+xml

新しい機能の全てのリスト

リリース候補版(RC版)

謝辞

日本語訳:
カンタベリー大学 荻野雅由

SmartEvidence:

畿央大学 宮崎誠

image/svg+xml

Mahara 16.10のSmartEvidenceと新しい機能

By Kristina Hoeppner

Mahara 16.10のSmartEvidenceと新しい機能

Presentation by Kristina Hoeppner (Catalyst) at the Mahara Open Forum 2016 at University of Yamanashi on 7 September 2016 (remote presentation). Recording: https://youtu.be/-tirfxI_DNI

  • 2,576
Loading comments...

More from Kristina Hoeppner