小さなことから改善してる話

2019/09/18

v-kansai #10 Short LT

jiyuujin

  • Vue/Nuxt/PHP/Scala/Java/Swift
  • v-kansai/kansai.ts/..
  • Web猫ブログ (webneko.dev)

小さなことから改善してる話

主な技術スタック

  • CakePHP + Vue CLI (TS) + Jest
  • トランスパイルされたものをPHP側でレンダリング
  • Vue導入前のものが一部リリース済、新規のような既存案件

さ、TSで書くぞ!

ベースの設定ファイル

.eslintrc.js

module.exports = {
    root: true,
    env: {
        browser: true,
        node: true
    },
    extends: [
        'plugin:vue/essential',
        'plugin:prettier/recommended',
        'standard',
        '@vue/typescript'
    ],
    plugins: ['@typescript-eslint']
    parserOptions: {
        sourceType: 'module',
        parser: '@typescript-eslint/parser'
    }
}

結局のところチーム次第

  • 基本は緩めの plugin:vue/essential
  • PRのレビューを受けて standard も取り入れ

型導入で堅牢な設計を目指す

  • エンドポイントを interface で定義
  • 画面単位 (Local State) で管理、props周りは特に注意
  • その他最初は (分かんなかったら) Anyで対応

エンドポイントごと interfaceを決定する

返却値を厳密に管理する

export default class SummaryService {
    public async fetchSummary(
        ids: string[],
        person: string,
        createdAt: string
    ): Promise<SummaryEndpoint> {
        const params = getParams(ids, person, createdAt)
        const res = await axios.get(`/summary?${params}`)
        return res.data
    }
}

必要に応じて module をインポートする

コンポーネントから並列呼出

async fetchSummaryAll() {
    await Promise.all([
        this.fetchSummaryA(),
        this.fetchSummaryB(),
        this.fetchSummaryC(),
        this.fetchSummaryD()
    ])
}

激重にPromise.allで対応

最終的に得られる姿

  • ロジック、デザインの分離によりメンテしやすくなる
  • ユニットテストも書きやすい
  • 予期した通りにサーバサイドは受取、返却してくれる

コンポーネントを作っていて気付いたこと

bootstrap3 との競合😱

モーダルとか、動かない

自作した方が早かった

<atoms-button
    ref="branchSelectButton"
    :text="title"
    @handleClick="displayModal"
></atoms-button>
<div v-if="showModal === true">
    <div class="modal-mask" @click.self="showModal = false">
        <div :style="modalWrapperStyle">
            <div class="modal-container">

            </div>
        </div>
    </div>
</div>

v-model 🙋‍♀️

便利ですよねー

インスタンス変数を準備すると

<input v-model="inputText" />

イベントハンドリングを兼ねていること

良くも悪くも。うん

computedは絶大

<input v-model="inputText" />
<script>
export defsult Vue.extend({
    data() {
        return {
            newInputText: '' as string
        }
    },
    computed: {
        inputText: {
            get () {
                return this.newInputText
            },
            set (value: string) {
                this.newInputText = value
            }
        }
    }
})
</script>

無理に使わなくても良い

個別にイベントをハンドリングした方が良い

修正すると

<input
  :value="inputText"
  @input="inputText = $event.target.value"
>

データ、イベントを個別に切り分けた方が良い

最後に

ブログを見てください🙏

CakePHPにVue導入

今後も登壇駆動開発を進めます😊

ご清聴ありがとうございました🙇‍♀️

小さなことから改善してる話 (#v_kansai)

By jiyuujin

小さなことから改善してる話 (#v_kansai)

  • 510
Loading comments...

More from jiyuujin