Atomic Designの話

kahirokunn

@kahirokunn の名前で活動

たまにQiitaでVue.jsに関して投稿してます

Atomic Design

Atoms, Molecules, Organismsを組み合わせて1つのページを作る

Atomic Design

Pageが配下のコンポーネントにデータをバケツリレーで渡していく

データソースを一応気持ち程度にStoreとかで管理する場合と、

Pageの中にべた書きするパターンがある

Atomic Design

モバイルの場合はページのコンテンツがそこまで多くないので割となんとか行けるみたい

 

でもデスクトップUIだと上手く行かない場合が多い

UIのボリュームが多いとデータソース部分がウルトラFat化するし、

データの伝搬機構もスパゲティが可愛く見える

そもそもAtomic Designは一貫性のある堅牢なデザインシステムの作成と維持の為にあります。

なので、デザイナー側にAtomic Designを採用して頂けない限り、本当のAtomic Designをすることはできない。

 

フロントエンド側だけでAtoms, Molecules, Organismsの粒度をコンポーネントに勝手に持ち込んでも、それは本来意図されている

Atomic Designではないのを認識する必要がある。

なのでそれをAtomic Designと呼ぶのは混乱の元になりそう。

Atomic Design

おすすめがあります

Atomic DesignインスパイアのAtomic Componentという設計がオススメ。

これは、デザイナーが上げたAtomic Designの実装もできるし、フロントエンドだけでもできる良い感じのやつ。

 

一応軽いVue.jsでのサンプルも作成しています

https://github.com/k-okina/book-management

 

このサンプルではContainerの粒度の部分とやり取りはAtomic Componentが意図したい通りにできてるんじゃないかと思っています

Atomic Componentの5大要素

Atoms

Molecules

Organisms

Ecosystem

Environments

EcosystemはContainerみたいなもので、EnvironmentsはSPAのPageみたいなもの。

SSRのPageとは違っており、リッチであり、ライフサイクルも違う

organism

organism

organism

作られた部品群を

エコシステムレイヤーでコントロール

ナビゲーションバーを使うエコシステムは

サーバーみたいにOpenイベントを購読するだけ

左側にあるハンバーガーがクリックされたら、NavigationOpenを発行。

 

右側のアイコンがクリックされたら、OpenUserProfileFormイベントを発行。

Envの上に配置

境界が明確で疎結合で、

開発もテストもデバッグもしやすく、

1コンポーネントファイルの肥大化も防げる

ありがとうございました

第2回AtomicDesignについて考える会 LT資料

By kahirokunn

第2回AtomicDesignについて考える会 LT資料

  • 641
Loading comments...

More from kahirokunn