2022/10/13

メタバースビーチ

Vol.1

メタバースことはじめ

自己紹介

 自己紹介

 

合同会社アクアビット

経営しております。

 

のエバンジェリストです。

長井 祥和(ながい よしかず)

と申します。

IBM賞

佳作

 自己紹介

 自己紹介

佳作

と外部のSaaS/PaaSを

つなぐ活動をしています

IBM賞

2022/5/26

去年の

 自己紹介

I

o

T

 自己紹介

 自己紹介

2022/6/11

と外部のIoTをつなぐ活動

にも興味を持っています

 自己紹介

Oculus Quest 2は買ってまだ2カ月と14日です。

 自己紹介

各地の名所・名勝・産物・歴史

巡る活動も行っています

 前説

前説

 前説

メタバースがプラットフォームの覇権を握るか

どうかはともかく

 

VR/ARが今後

作業や交流の場

として広まることは

間違いないでしょう

 前説

とVR/ARの組み合わせも

徐々に世に浸透しています

 メタバースの可能性

メタバースの

可能性

 メタバースの可能性

先日、地域クラウド交流会

in メタバースに参加しました

 メタバースの可能性

月面で満点の星の下、

皆で講演を聞く機会を得ました

 

メタバース(Spatial)上では

全員がミュートでした

 

交流はZoomにて行われました

 

理由として

(私も含め)マナーや操作を

分かっていないためと思われます

 メタバースの可能性

Horizon Workroomsは

少人数を前提に

設計されています

 

まずはこちらで

慣れる事を

お勧めします

 メタバースの可能性

Horizon Workroomsは、

VRならではの臨場感が魅力的です。

 

既存のオンラインツールの

平板なUIでは実現できない、

距離感が交流を生む可能性があります。

 

また、内職しながらの参加がしにくく、

会議に緊張感が生まれます。

 kintoneとメタバースの親和性

kintoneとメタバースの親和性

 kintoneとメタバースの親和性

     は Low/No Code

     プラットフォームです。

 

今後は裾野を広げるとともに

一般ユーザーは

コーディング不要な

方向に進化すると

思われます。

 kintoneとメタバースの親和性

    はその前提にデータベースの

    知識が必要です

 

kintoneのシステム構築には

ユーザーとデータ構造を

共有する必要があります

 kintoneとメタバースの親和性

    は事前設計が不要でデータベ

    ースが構築できます

 

構想の早い段階でメタバース上に

ER図やシーケンス図、機能連携図を

      連携すると、ユーザーと

      の認識の共有が進みます

 kintoneとメタバースの親和性

この時、二次元の紙やPDFではスペースに限りが生じます

 

ここでメタバースの出番です

スペースを自由に使えるメタバースの利点を生かし

お客様にデータを理解してもらうのです

 

Excelの行列の二次元から、三次元さらには高次元のデータ連携までを

 kintoneとメタバースの親和性

あと考えられるのは工場、物流などのリアルのライン

とkintoneを連携する際です。

 

3Dモデルを駆使し、データ連携を図示するのです。

 

遅れているわが国の

DX/UXを諸外国並みの

リテラシーに引き上げる手段に

kintoneとメタバース

の組み合わせは可能性があります。

フォローをお願いします!

 

合同会社アクアビット

長井 祥和

個人

法人

kintone Café メタバース Vol.1 メタバースことはじめ

By Yoshikazu Nagai

kintone Café メタバース Vol.1 メタバースことはじめ

  • 391