Amazon Lightsail で
気軽にサーバー構築

2019.12.7 @ otsukayuhi

Otsuka Yuhi

  • Web Developer of Yumemi
  • Futae.app 代表
  • ふわふわエンジニアタイム 運営
  • Markup Meetup 運営

Skill Set

  • Markup & CSS Styling & JavaScript
    • React / Next.js , CSS in JS / Emotion, TypeScript
  • ( A little bit of ) AWS

ノーマウント系コミュニティ
ふわふわエンジニアタイム
に参加しよう!!

エンジニア同士の情報共有を目的としたコミュニティ
ふわふわエンジニアタイム」を発足いたしました。
心理的安全性」を最重要においた、
ノーマウントなコミュニティを目指しています。
エンジニアであれば、経験問わずどなたでも参加できます。
ぜひ、Slackにご参加ください!

Amazon Lightsail で
気軽にサーバー構築

Amazon Lightsail とは?

Amazon Lightsailは、AWSが提供しているVPS(仮想プライベートサーバー)です。

 

数クリックでクラウド上にサーバーを構築できるので、EC2よりも手軽に使用できます。

 

また、LAMPWordPressNode.jsといったWebアプリケーションをプリインストールしているインスタンスも作成できます。

料金は月額$3.50〜

AWSでは珍しく、固定費用で使えます。

(転送量を超えると課金されるので注意)

 

サーバースペックを上げると、料金も増えていきます。

 

$3.50のプランは、最初の1ヶ月無料なので、サクッとインスタンスを作って実験し、削除するようなお試し環境として使いやすいです。

Amazon Lightsail を使ってみよう!!

今回の構成

DEMO

とは?

Next.jsとは、Reactサーバーサイドレンダリングをするためのフレームワークです。

 

Vue.jsで言うところの、Nuxt.js。

 

簡単にルーティングできて、静的サイトの書き出しもできます。

サーバーサイドレンダリングとは?

サーバーサイドレンダリング(SSR)とは、PHPRubyJavaNode.js等の言語で、動的にサーバーサイドでDOMを生成してクライアントに静的なHTMLとして渡すことです。

 

マークアップエンジニアの皆さんならおなじみの、EJSPugもSSRができるNode.jsベースのテンプレートエンジンです。

Reactは、本来クライアントサイドで仮想DOMを生成し、それを実DOMとしてブラウザに描画します。

サーバー

クライアント

Request

Response

React仮想DOMを生成し

DOMを描画

Next.jsでSSRすると、サーバー上でReactを実行し、生成したDOMをクライアントへ渡すことができます。

 

また、クライアント上ではSPAになるため、シームレスなページ遷移が可能です。

サーバー

クライアント (SPA)

Response

Next.jsReact DOM を生成し、HTMLをクライアントへ渡す

Request

Response

Amazon Lightsail を使って
手軽にサーバーで遊ぼう!!

ふわふわエンジニアタイムもよろしく!!

Amazon Lightsailで気軽にサーバー構築

By Otsuka Yuhi

Amazon Lightsailで気軽にサーバー構築

Amazon Lightsailで気軽にサーバー構築してみよう

  • 77
Loading comments...

More from Otsuka Yuhi