WordPressの

タグとカテゴリ

宇都宮 諒(@ryo511)

Wordbench羽田 第15回

2017-12-02

自己紹介

  • 宇都宮 諒(うつのみや りょう)​
  • 株式会社 一休 宿泊事業本部 マーケティング部
  • 職種は「フロントエンドエンジニア」
  • 主なお仕事
  • ​WordPress歴
    • ​ユーザとして3年くらい
    • 開発者として半年くらい
  • ​Twitter: @ryo511
  • 個人ブログ( https://ryo511.info/ )

一休コンシェルジュ

  • 上質なホテル・旅館を紹介するメディア
  • powered by WordPress!

最近作ったもの(1)

一休コンシェルジュでは、タグとカテゴリを総称して「キーワード」と呼んでいる

最近作ったもの(2)

Text

  • タグ/カテゴリの詳細ページ
  • タグ/カテゴリの内容を表す画像があるのが特徴

タグページを

充実させる理由

  • 一休コンシェルジュはまだSEO強くない
  • 一方、ややマイナーな単語のタグページが検索上位を取っていることもある
  • 強いタグページはトップページ並の集客力がある

タグとカテゴリ

  • 内部的には、どちらもwp_termsテーブルに保存される
  • termの種別はwp_term_taxonomyに保存されている
    • ​taxonomy = 'category' か 'posttag' か
  • カテゴリは、親子関係を定義できる
  • 一休コンシェルジュでは、エリアのように親子関係のあるメタデータはカテゴリ、それ以外はタグにしている

タグ/カテゴリに

画像を紐付ける

  • タグのメタデータテーブル(wp_termmeta)に格納するのが良い
    • WordPress 4.4.0以上で利用可能
  • meta_key = 'term_img_url' とかにして、meta_valueに画像のURLを保存する
  • 表示側では get_term_meta() でデータ取得

※4.3以前は、こういうデータはwp_optionsに持っていたらしい。。。

今後の展望

  • タグ・カテゴリページのアクセス数を集計して、人気順にキーワードを表示したい
  • WordPressプラグインで、タグランキングに対応しているものはなさそう?
  • Google AnalyticsのAPIを使えば、URLに応じたページビューは簡単に集計できる
  • URLを解析してタグ/カテゴリのslugを抜き出せばOK
  • 集計の仕組みさえできれば、ランキングを出すのは簡単

まとめ

  • タグ/カテゴリページはSEO上重要
  • タグ/カテゴリ周りのテーブルはややこしい
    • wp_terms, wp_term_taxonomy, wp_term_relationships, wp_termmeta
  • wp_termmetaテーブルを使うとtermのメタデータを持つことができる

WordPressのタグとカテゴリ

By Ryo Utsunomiya

WordPressのタグとカテゴリ

Wordbench羽田 第15回(2017-12-02)

  • 491
Loading comments...

More from Ryo Utsunomiya