2020/4/24

合同会社アクアビット

長井 祥和

freeeとkintoneをつなぐビジネスの可能性

自己紹介

 

合同会社アクアビットという

会社を経営しております。

 

のエバンジェリストでもあります。

 

長井 祥和(ながい よしかず)

と申します。

 ・福井生まれ、関西(兵庫・西宮)育ち。

 ・歯科医の妻と二人の娘、そして愛犬二匹と暮らしています。

 ・住居も事務所も東京・町田市に構えています。

 ・多趣味な性格で、じっとしているのは苦手です。

  (相当努力して外出を控えている最近です)

 ・読書、音楽、映画、旅、山登り、滝巡り、文学館巡り、

  博物館巡り、城巡り、史跡巡り、寺社仏閣巡りが好きです。

  (相当努力して外出を控えている最近です)

 ・性格的にマンネリが苦手なので、挑戦は厭いません

 ・kintoneには2011年秋のβテストの頃から関わっています。

自己紹介

今日のお題

 ・kintoneとfreeeをつなぐビジネスの可能性

今日のお題

・サイボウズ社のオフィシャルパートナーとkintoneのエバンジェリストの立場を兼ねていると、ご依頼も色々といただきます。

 

・2012年度からkintone案件に携わっていますが、認知度の高まりにつれ、頂くご要望も変わってきました。

今日のお題

今日のお題

2012  2013  2014  2015  2016  2017  2018  2019  2020

機能単位での

受注が多く、

Excelや

Accessの代替

クラウドの

認知度が増し、

受注は徐々に増えるが経理はクラウドの対象外

連携依頼が徐々に増えて来て、SaaS連携が要件で必須となる。

徐々に基幹系の要件も増え始める。

業務や職種のクラウド忌避が薄らぎ、既存のC/S型の経理システムのリプレイス依頼も増え、より多様な提案が前提に。

・2012年度からのkintone案件の変遷です(弊社感)。

今日のお題

・当初は以下の様な構成にkintoneを導入する事が主流

今日のお題

・kintoneが広がり、他のクラウドも徐々に増える

今日のお題

・kintoneやfreeeなどクラウド主体の提案になる

今日のお題

・オンプレミスとクラウドの連携が提案の焦点に

今日のお題

企業内で最後までオンプレミスのシステムとして残りがちなのが

 

財務・会計システム

・オンプレミスとクラウドの連携については、オンプレミス側にRest APIのための出入り口が備わっていないことがほとんど

手動

ダウンロード

手動

アップロード

今日のお題

スピードが重視されるビジネスにあって、

取引が即座に経理を通じ、会社の財務に直結する必要がある

 

さもないと経営判断に遅れが生じる

・財務・経理システムがクラウドと連携していない弊害

手動

ダウンロード

手動

アップロード

今日のお題

・ビジネスの上で提案すべき場所

手動

ダウンロード

手動

アップロード

Rest APIによる即時連携

この部分をリプレイスする提案の余地はまだまだ残っている

今日のお題

・弊社の提案例

Rest APIによる即時連携

受注後、請求

取引データ作成

入金データ取得

受注後、請求

入金済フラグ設定

ともにkintoneからのトリガー

今日のお題

・freee側でも今年中にwebhookが実装されます

入金済フラグ設定

Rest APIによる即時連携

取引データ作成

入金データ確認

受注後、請求

入金済フラグ設定

kintoneからのトリガー

freeeからのトリガー

今日のお題

どんどん提案して

いきたいですね!!

以下のTwitterをフォローくださいませ~♪

 

合同会社アクアビット

個人

法人

freeeとkintoneをつなぐビジネスの可能性

By Yoshikazu Nagai

freeeとkintoneをつなぐビジネスの可能性

  • 65
Loading comments...

More from Yoshikazu Nagai