kanikama.js

GeoJSONベースの目標物推定ライブラリ

GeoJSON-Based Target Estimation Library

 

特徴

  • Estimate Target

    ユーザーの行動と直接結びつく、
    目標物(棚)の推定

  • GeoJSON based

    汎用的なデータ形式を採用
    平面座標と経緯度の両方をサポート

  • Finger-print less
      環境変化に強い

 

サポートしないこと

  • PDR(歩行者自律航法)によるリアルタイム移動
      ✡ 他のリアルタイムエンジンと組み合わせる (exp. indoorAtlas)
     
  • 高精度な位置情報の推定 (exp. RSSI based finger printing)
      ✡ ユーザーコントロール可能で適切なフィードバックを提供
     
  • iBeacon受信情報の一次処理
      ✡ iOSではCLBeacon、Androidでは他のBLEライブラリと連携
     
  • ナビゲーション(ルート検索)

処理の流れ

マップデータ

GeoJSON

iBeacon

施設・フロア・位置・目標物

コンパス

目標物は、直接ユーザーの行動と紐づく
(exp. 図書館の棚・・・本を読む、関連する情報、棚の本を買う)

Noise Reduction / Filter

NFC   QRコード バーコード

UI Feedback

計測精度・バイブレーション・効果音

目標物推定とその周辺情報

目標物推定のUX

Map View

現在地とデバイスの向きを

マップ上に表示

目標物がフォーカスされる

 

またはデバイスの向きに応じて画面が回転する

Slide View

新しい目標物が画面下にスライドイン。タップして切り替え。

2F 一般書コーナー  #34

医療・健康情報

児童書コーナー 

絵本

Facility

現在の建物を認識

  • 明示的な切り替え
  • 電波がなくなっても状態が持続
  • GPSでもわかる情報

Floor

現在の階層を認識

  • 自動的に追随して切り替え
  • 上層階、下層階からの漏れ電波を考慮

Position

現在場所を認識

  • GeoJSONのXY座標/LatLon座標を推定
  • GPSの情報と互換性があるレベル

Target

目標物を認識

  • デバイスの向きを考慮した目標物
  • コンテンツやアクションと直接的に紐づく
    可能性が高い

まとめ

Facility

Floor

Position

Target

相対的にマイクロロケーション

ここからインドアロケーション ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・ GPS

・・・・・・・ Core Location CLFloor

kanikama.js

By Ryuuji Yoshimoto

kanikama.js

  • 1,328